ログイン

2016年3月 弊社ホームページは新しくなりました。 https://thinkridge.com

メインメニュー

携帯公式サイト


携帯電話をもっと便利に
もっと楽しく


史上初の吹奏楽専門着メロサイト


POPで癒しでライトでとんがって気持ちのいい〜オルゴール着メロをあなたに

Magome

クラウドベースの MIDI シーケンサ Magome

音楽制作に興味のある方を対象に、スタンドアロンでも使え、ネットならではの面白さも兼ね備えた音楽制作アプリの提供を目指しています

for 携帯電話

https://thinkridge.com/m/
ケータイはこちらへ

2014年7月24日(木曜日)

magome のサイトを xoops cube で刷新

カテゴリー: - takatsuka @ 00時21分51秒

magome のサイトを xoops cube を使ったものに刷新しました。

ユーザー登録&管理の仕組みを自前で組むのは手間かかりそうだし、便利なプラグイン(モジュール)がそのまま使えるのはラクだなという理由です。 ラクな分カユいとこに手が届きづらくなるデメリットはきっとあると思うんですが、それを帳消しに出来るほどのメリットがあると思いました。開発者の方々には感謝です。

で、今後もモジュール開発をするであろう主に未来の自分用にメモを残しておこうと思いました。間違いとかあればぜひご指摘頂ければ幸いです。

ノウハウメモ

DB

  • テーブル作成は、"モジュール/sql/mysql.sql” を用意して SQL を書く。それを、xoops_version.php の$modversion[’sqlfile’][’mysql’] = “sql/mysql.sql”; って指定。
    • なので、それを反映させるには、モジュールの再インストールが必要。
    • なお、$modversion[’tables’][index] = “テーブル名” への反映もしないと、モジュールアンインストール時にテーブルを削除してくれない。
    • ここで書くテーブル名は、そのまま採用されるわけではなく、プリフィックスが付加される。なのでDB操作時のSQL文でも、プリフィックスの考慮を忘るべからず。
  • DB操作は、$xoopsDB っていう変数のメンバを使うべし。
  • $xoopsDB->queryF( $query ) は、UPDATE系でコールすべし。それ以外は $xoopsDB->query( $query ) を使うべきっぽい。

preload

  • XOOPS_ROOT 直下の preloadフォルダ と、モジュールの下の preloadフォルダ では動作が違う。全ページに影響させたい場合は XOOPS_ROOT 直下の preloadフォルダ に置くべきっぽい。(が、このあたりは全然把握不足)

REST

  • XMLとかJSONを返すようなwebサービスのページを作りたい場合、そのページの最後の「include XOOPS_ROOT_PATH."/footer.php”;」をコールせずに、自前でechoすれば良いっぽい。(が、お作法的に正しいのかわからない)

表示

条件によって左右のサイドバーとかを非表示にしたい。

  • 各領域の表示をON,OFF出来るような条件文を書いたテーマを自前で用意して対応する。(が、もっとスマートな方法があるのかもしれない。)

テンプレート

  • smartyの書式は「<{○○}>」で括るべし。

トラブったメモ

  • 日本語が表示されない。日本語のlanguageファイルが無視される。
    • UTF8 が標準文字コードっぽいので、languageファイル は 「japanese」ではなく「ja_utf8」になる。(本来は「english」も含めた3種を用意すべき?)
  • テンプレートファイルを編集してもページが変わらない。
    • テンプレートを書き換えたらモジュールのアップデートが必要。もっと手軽な方法があるなら知りたい。
  • モジュールのアンインストールしたとき、作ったテーブルを削除してくれない。
    • xoops_version.php の $modversion[’tables’][index] = “テーブル名” の記述が漏れてるか確認。

2014年7月6日(日曜日)

XOOPS Cube の進化っぷりにビックリ

カテゴリー: - takatsuka @ 09時30分36秒

新規で会員制サイトをこさえようと思っておったところ、昨今はフリーの CMS (とかその手のもの)が沢山あるので迷っておりました。

WordPress や OpenPNE とかは活発そうだし、Movable Type は有料版もあるだけに品質は良さそうだし。
どれであっても便利っぽいし、カスタマイズすれば本来の用途以外にも使えそうで、何を選択しても間違いではなさそう。

がしかし今回は、自社サイトでも使わせてもらってる XOOPS でやってみようかなと思いました。
諸々の事柄に対して一番ツブシが利きそう。(って抽象的な想像な上に、根拠もそういう印象持っただけって理由なんですが。)

なにはともあれ、自社サイトはもう10年近く前にこさえたものってこともあり、今の XOOPS Cube の進化っぷりに物凄く驚いた次第。

インストールが簡単なのはそのまま、プラグインとかテーマは一覧から選んでインストールできるようになってる、アップデートも通知してくれちゃって。昨今の CMS に全然見劣りしてない。
日本語との相性やプラグイン開発用の情報は問題なさそうだし。

色々な CMS を比較できるほど触ったわけではなく詳しくもないんですが、会員制サイトを、吊るしではない前提でこさえるなら、XOOPS CUBE 良さそうだなって思いました。開発者の方に感謝です。


30 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

カレンダー
2014年 7月
« 5月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索
最近の投稿
最近のコメント
投稿者ブロック